«  2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯の定期健診 | メイン | 食欲の秋⭐︎ »

2020年10月20日

こんにちは!
みなさんは舌についた汚れ、舌苔(ぜったい)を知っていますか?

舌苔(ぜったい)とは、舌表面に付着した上皮から剥れた垢のことを指します。
歯に付着する歯垢と似ており、細菌が潜んでいることもあります。

舌苔ができる主な原因として、
1.お口の中がキレイに清掃できていない
2.唾液の分泌の減少
3.口呼吸をしている
などが考えられます。

食べたり話したり、舌が動くことである程度は落ちますが
舌の動きが鈍くなり唾液の分泌量も減る高齢者は汚れが落ちにくく
舌苔が厚くたまっていきます。
鼻で呼吸をせずに口でばかり呼吸をしていると
口の中が乾いて唾液の循環が滞り、舌苔がつきやすくなります。

舌苔は口臭の元になるためきちんと掃除する必要があります。
舌ブラシでのお掃除はとても効果的ですが
ゴシゴシこすることで、味覚を感知する味蕾(みらい)細胞を
傷つける恐れがあるので注意です!!!

舌ブラシの他に、"パイナップル"も舌苔を除去する効果があるとされています🍍

パイナップルには「プロメライン」というタンパク質分解酵素が
たくさん含まれいて、食べた時の舌をピリピリ感は
舌の表面についたタンパク質が分解されるからです。
この効果で舌苔をとることができるのです。

パイナップルのほかにも、キウイフルーツ、パパイア、イチジクなど
タンパク質の分解酵素が含まれています。

ぜひ、食後のデザートにこれらのフルーツを食べて
口臭予防してみてはいかがですか?(^^)

⚠︎フルーツには歯を溶かす酸も含まれているため歯磨きは忘れずに!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sugita-dental.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/862

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 杉田学治

杉田デンタルクリニック
院長 杉田学治
www.sugita-dental.jp

当院は、健康な歯を長持ちさせる治療を心がけています。単にむし歯や歯周病を診るだけではなく、お口全体を総合的にとらえることが大切です。総合的に判断することで、先々を見越した治療や予防が実現できます。

患者さまとは、末長くお付き合いできる関係を大切にしています。よく噛めて歯を健康的に長持ちできる治療を行い、その後のメインテナンスの必要性を伝えることで、良好な関係が築けると考えています。