«  2020年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年6月24日

夏が近付いてきて暑い日々が続きますが皆さん体調は崩されていませんか??
夏バテにお気をつけ下さい!(^^)

さて、杉デンでは歯科衛生士の症例検討会を行いました!
難しい症例や検討すべき症例を発表して
みんなでディスカッションをしてどうすれば改善できるか
回復が見込めるのか勉強しました!

この様にドクターや衛生士みんなで検討して意見を交わすことで
一つでも多くの視点から、それぞれの経験を元にみんなで話し合う事で
少しでもより良い治療ができる可能性が高まりますニコニコ

コロナウイルスの影響で、勉強会の場が以前より少なくなってしまいましたが
久しぶりにみんなで歯科について、真剣に語り合い
とても勉強になりました(^^)

コロナウイルスを考慮しての密を避けております!
症例検討会 杉田デンタルクリニック.jpg


この勉強会を通して皆さまに還元できるよう
ドクター、衛生士一同成長していきたいと思いますニコ

2020年6月22日

こんにちは。

コロナはまだまだ油断はできませんが
自粛要請も少しずつ解除されはじめ
皆さんどんな毎日をお過ごしでしょうか?

お仕事や学校も再開され始めましたが
質の良い睡眠はしっかりと
とれていますでしょうか?

今回は【子供の歯ぎしり】についてお話しします。
子供の歯ぎしりに重要な因子として指摘されているのが「睡眠」です。

実は睡眠習慣が悪いと、歯ぎしりがより激しくなりやすいとされています。
深い睡眠状態を意味するノンレム睡眠時には
歯ぎしりは起こらないとも言われています。

他にも子供の歯ぎしりの原因には
①顎の位置を決めるため
→赤ちゃんは上下の歯が生え揃ってくると同時に
 歯ぎしりをすると言われています。
 ものを食べる時「吸う」🍼動作から「噛む」👄動作に変わりますが
 吸う時に使う顎の位置を、噛む時に使う顎の位置に調整が必要になってきます。
 その時に行うのが歯ぎしりです。


②永久歯が生えるためのスペース調整
→ 幼児期や学童期に行う歯ぎしりは
 永久歯が生えてくるための準備として
 起こっていると言われています。
 この頃の子供は身体の成長に伴って
 顎の骨格も大きく成長していきます。
 すると、乳歯と乳歯の間に隙間ができてきます。
 そうすると噛み合わせが悪くなるため
 無意識のうちに噛みやすい位置に調整をする意味で
 歯ぎしりをしています。

⚠︎永久歯が生え揃ってからの歯ぎしりは注意が必要です。

大人の歯ぎしりと同様に、歯がすり減ったり
歯や顎に負担をかけ歯茎の炎症や
顎関節の炎症を引き起こす原因になったりすることがあるので
一度歯医者さんへの相談をお勧めします。

2020年6月 4日

こんにちは!
気温も上がって夏も目前ですねキョロキョロ
皆さま熱中症などにはお気をつけくださいね!
6月4日はなんの日かご存知でしょうか?

そうです、「虫歯予防デー」です!!

虫歯予防デー 杉田デンタルクリニック.jpg

待合室に飲み物に含まれている
お砂糖の量を掲示していますニコニコ
ご来院の際はぜひ見てみて下さい♪

暑い時は冷たいものが飲みたくなりますが、
水分補給にジュースやコーヒーなど✖︎です!!

お砂糖で余計喉が渇いてしまうのと、
虫歯のリスクもアップ!!えーん
コーヒー、紅茶、お茶に含まれてる
カフェインには利尿作用があるので
せっかく摂った水分が出て行ってしまいますガーン
なので水分補給にはお水を飲んでくださいねウインク

暑い日が続きますが、
皆様ぜひご自愛ください!!

2020年5月26日

こんにちは🌞
先日スタッフのお誕生日でした✨
院長の はからいでまたまたケーキを用意して下さいました!
誕生日ケーキ 杉田デンタルクリニック コロナ.jpg

みんなで美味しくいただきました🍴😋
以前までとは様式は変わりましたが
マスクをしソーシャルディスタンスを守りながら
みんなでお祝いしました👏🎉
こういった時期ではありますがほっこりする時間をすごす事ができました😊😊

コロナウイルス感染拡大対策のために
「日本歯科医師会からの7つのお願い」が出されました!
①マスクをしてください
②手を洗って下さい
③無理をせず休んで下さい
④うがい、歯磨きをしてください
⑤虫歯を放っておかないで下さい
⑥メンテナンスは継続してください
⑦かかりつけ歯科医に、相談してください

私たちは病気をうつさないためにマスクをしています。
「他人からうつされない」と同時に「他人にうつさない」ことを
大切にしていきましょう。
歯科医師や歯科衛生士から、治療で患者さまへ
新型コロナウイルスをうつしたという報告は
1例もありませんのでご安心ください。

私たちは感染対策の基本(スタンダードプリコーション)を守り
毎日数え切れないほど手を洗います。
患者さんのお口を触る時は必ずグローブをします。
診療室の中はとても清潔に保たれています。

口の中が不衛生だと、誤嚥性肺炎・細菌性肺炎のリスクが上が り
ウイルス性肺炎が重症化しやすいことが知られています。
介護現場等での口内環境の悪化は、特にリスクを高めます。
命を守るためにも、口の中の衛生が大切です。

むし歯を放っておくと、やがて歯を失うことになります。
そうなるまえに、早期の治療と、口腔内のメンテナンスを
しっかりとおこないましょう。

メインテナンスとは、むし歯や歯周病を進行させない ために
歯科医院で計画的に維持管理すること。
検診とは目的・内容が違います。
メインテナンスは計画的な治療の一環です。
継続して いただくようお願いいたします。

お口の中の病気はむし歯や歯周病だけではありません。
舌の病気、顎の病気、骨の病気などさまざまです。
これらの病 気をいち早く発見し
治療することによって救われる命が たくさんあります。
治療やメインテナンスの継続・延期は、ご自身で判 断なさらずに
必ず「かかりつけ歯科医」にご相談ください。

新型コロナウイルスにより
アフターコロナと言われる新しい時代がやってくると言われています。
みんなで共に励まし合い
この時代を、乗り越えていきましょう😊😊

2020年5月16日

コロナで自粛ムードが続きますが、皆さんどんなお家時間をお過ごしでしょうか??
最近私はお家で英語やロシア語などを勉強していますニコニコ

新しい知識が増えるとワンランクUPするような気持ちになりますよねニコニコ
そこで今回は歯科についての豆知識をご紹介します♪

①歯は鉄よりも硬い!!
物の硬さを測る単位として、モース硬度というものがあります。
人間の歯はモース硬度7。
ガラスや鉄よりも硬いのです!!
ただ、人間の歯のエナメル質は不完全な結晶体なので
壊れやすかったり虫歯になりやすいそうです。
モース硬度1:チョーク
モース硬度2:岩塩、純金
モース硬度3:珊瑚
モース硬度4:鉄、真珠
モース硬度5:ガラス
モース硬度6:オパール
モース硬度7:人間の歯、水晶
モース硬度8:エメラルド
モース硬度9:ルビー、サファイヤ
モース硬度10:ダイヤモンド


②世界で一番かかる人が多い病は歯周病!!

世界で一番患者が多いのは歯周病といわれており
ギネスブックにも載っているそうです。
日本では成人の約80%が罹患しているといわれており
歯を失う原因のNo. 1とされています。


③歯型を採る材料とかまぼこを作る材料は同じ!!

かまぼこは、スケトウダラのすり身を
アルギン酸という成分で固めたものなのですが
歯型を採って固める材料の主成分も同じくアルギン酸なのです!
歯型を採るとき気持ち悪いと思われる方が多いとは思いますが
寒天も含んだ材料なので安心して治療を受けていただければと思いますニコニコ

まだまだ大変な時期が続きますが
お家での生活をポジティブに楽しんで過ごしていきたいですね爆笑

2020年4月28日

緊急事態宣言により外出自粛を余儀なくされれていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
外出自粛で「おうち時間」が長くなり、
いかに有意義に過ごすかが問われますよね。
ぜひ、今まで忙しくなかなか普段歯磨きに時間をかけられなかった方!!
おうちでのセルフケアを頑張りましょう😀

歯ブラシに加え、補助的清掃道具など1つ増やしてみてはどうでしょうか??
補助的清掃道具とは...
歯ブラシだけでは取れない歯と歯の間の汚れを取ることができる
①デンタルフロス
ci デンタルフロス.jpg

②歯間ブラシ
DENT EX 杉田デンタルクリニック.jpg

③舌ブラシ
舌クリーナー 杉田デンタルクリニック.jpgのサムネール画像

などなど。

舌ブラシとは、舌の表面に溜まった
白い苔(舌苔:ぜったい)の様なものを取り除くブラシです。
⚠︎歯ブラシでは固すぎて舌を傷つけてしまうので注意。

舌苔には沢山の細菌がいる為、口臭の原因になったり
細菌が引き起こすトラブルに
・呼吸器疾患
・心臓疾患
・脳疾患
・感染症
・アレルギー疾患
などがあるといわれています。

細菌のかたまりである舌苔を少しでも多く除去することが
免疫力を維持し、様々な疾患予防につながります。

補助的清掃道具を使用し、セルフケアで、
お口の環境を整えて免疫力アップ⤴︎を目指しましょう😊☝️

2020年4月19日

先日、政府により緊急事態宣言などがが出され
いろいろなところでコロナウィルスの影響が出ており
皆さんも家庭や職場などで対策をされていると思います。

今回は当院での行っている感染対策の
ご紹介をさせていただきます。

当院では新型コロナウイルス感染症予防対策の為
スタッフへのマスク·ゴーグル着用
定期的な手洗いや手の消毒
クリーンスタッフによるトイレの清掃や
ドアノブ等の消毒を30分おきに徹底しています。

また、スタッフがマスク·ゴーグルを着用しての対応を行っております。
ご理解の程よろしくお願い致します。

緊急事態宣言を受け、風邪症状のある方の診察は御遠慮頂いております。
大変恐れ入りますがお電話にて診察の延期とご相談をおねがいします。

また、来院時にはトイレにて石鹸での手洗い
スマートフォン·ケータイの消毒
診療前には次亜塩素酸水(塩と水を電気分解して生成したEO水)
による洗口をお願いしております。

新型コロナ対策の一環として、診療時間の制限・縮小を
行っており、診療時間を変更する日がございます。
受診を希望される前に電話にてお問合せください。

ご協力とご理解の程、宜しくお願い致します。

皆さんに安心して治療を受けてもらえるよう務めております。
気になることがあればお申し付け下さい。

2020年4月 7日

4月がスタートしました^_^

寒さが少しずつ和らぎ過ごしやすい日が続いていますね。
外出を控えてうちの中で過ごすことが増えているこの頃ですが
これを機に家の掃除をしたり読書をしたり
前向きに過ごすように努めましょう!

窓を開けると風が気持ちいいです^_^
歯磨きの時間が長くなったよ!
なんておっしゃられる患者さまもいました(^^)
ポジティブな素晴らしい心がけですね☆

さて前回の感染予防対策のつづきです↓↓
当院では滅菌・殺菌機を4台使用しています。
その中でも・・・
Bクラス滅菌機
真空状態を作り、あらゆる種類や形状の被滅菌物を滅菌します。
Bクラスというレベルは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準です↓↓
Bクラス滅菌.jpg


DAC
短時間で歯を削る為の回転切削機械を注油〜滅菌まで行います↓↓
DAC.jpg


診療に際して万全の対策を日頃から行っています。ご安心下さい(^^)

2020年3月21日

こんにちは☺︎

前回のブログは読んでいただけましたでしょうか?
今回は当院で行なっているコロナ対策についてお伝えします!!!
(※コロナに関係なく普段からも感染予防対策に力を入れています。)

①ポセイドン
ポセイドンとは遊離残留塩素濃度を補充することができるので
歯科ユニット給水の洗浄化が期待できます。
試験機関にて飲用適を証明しているため
安心してチェアーに通っているお水を飲んでいただくことも可能です!

②エアロシステム
毎分35m3の空気清浄能力を持つ、本格的な病院用空気清浄装置です。
市販の置き型空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力があります。
メーカーさんに来てもらい定期的にメインテナンスも行なっております。

③EO水
食塩水を電気分解する事で殺菌力のある殺菌水を作り出す
次亜塩素酸水生成機です。
こちらのお水でうがいする事で歯周病予防や風邪予防
細菌やウイルスにも!いろいろと効果があるとされています。

そのほかにも器具の滅菌に、4種類ほどの滅菌機を導入しています。
安心してご来院していただけるよう、
感染対策をきちんとし、お待ちしています😊

2020年3月19日

こんにちは☀︎

最近、コロナの話題が多く、たくさんのイベントが中止になるなど暗いニュースばかりですが、当院では皆様に少しでも笑顔になって頂けるように、ホワイトデーのイベントを行いました(*^^*)
ホワイトデー 杉田デンタルクリニック.jpg

そこでお砂糖の代わりにキシリトールが使われている
虫歯になりにくいホワイトチョコレートとオススメの
歯磨き粉のリーフレットを配布しました!

オススメの歯磨き粉は、アパガードリナメルといって
歯の表面をツルツルにして、汚れや着色を防ぐ効果があり
虫歯予防にもなります!
ただ、ホワイトニング効果がある訳ではなく
今の白さを保ってくるので歯のクリーニング後に
使い続けて頂くとより効果的です(o^^o)

コロナで外出を避けてる方も多いと思いますが
当院ではコロナ対策を徹底して
お待ちしておりますので、安心してご来院下さいね!

次回のブログでは、コロナ対策の詳しい情報をお伝えします

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 杉田学治

杉田デンタルクリニック
院長 杉田学治
www.sugita-dental.jp

当院は、健康な歯を長持ちさせる治療を心がけています。単にむし歯や歯周病を診るだけではなく、お口全体を総合的にとらえることが大切です。総合的に判断することで、先々を見越した治療や予防が実現できます。

患者さまとは、末長くお付き合いできる関係を大切にしています。よく噛めて歯を健康的に長持ちできる治療を行い、その後のメインテナンスの必要性を伝えることで、良好な関係が築けると考えています。