トップへ » 診療科目 » インプラント » インプラントにおける最大のメリットは、「天然歯に近い噛み心地」

インプラントにおける最大のメリットは、「天然歯に近い噛み心地」

インプラントの最大のメリットは、「天然歯に近い噛み心地」インプラントは、入れ歯のように、おせんべいなど硬い物が噛めなかったり、入れ歯と上あごの間に物を詰まらせて痛くなったりすることはありません。また、ブリッジのように、周囲の健康な歯を削りませんので、健康な歯を守ることができます。

また、毎日の歯みがきを怠らなければ、インプラントが原因で口臭トラブルを引き起こすことはありません。さらに、人工歯には審美性の高い素材を使用し、固定させるための金具などもありません。

限りなく天然の歯に近い噛み心地と見た目が、インプラントの最大のメリットといえるでしょう。

<インプラントのメリット>
|天然の歯と同じように噛むことができる
直接あごの骨に移植しますので、物を食べた時に、まるで、自分の歯で噛んでいるかのような感覚です。自然な噛み心地が得られるので、食事が一層おいしくいただけるでしょう。

|見た目も自然、発音も明瞭に
入れ歯やブリッジに比べて、見た目が自然ですので、大きな口を開けて笑っても、口元が気になりません。また、発音が明瞭になるので、会話で困ることがありません。

|ブリッジに比べて健康な歯を削らずに済む
直接あごの骨に埋入するので、隣り合う健康な歯を削る必要がありません。残っている歯の寿命を引き延ばすことができます。

|他の歯に負担がかからない
部分入れ歯は、バネで固定するため、噛み合わせた時に負担がかかり、両隣の歯の寿命が短くなりがちです。インプラントにはバネがありませんので、残っている歯に負担がかかりません。

|掃除がしやすい
天然の歯と同じ状態を再現していますので、毎日のお手入れが簡単にでき、口臭などで悩まされることもありません。

<インプラントのデメリット>
|治療費は高額の傾向
インプラントの移植には、外科手術が必要です。また、より安定性を高めるには、人工歯の精度が求められます。そのため、通常の治療に比べると、高額な治療費が必要になります。

|治療期間が長くなる
他の治療に比べると、治療期間が長くなります。一般的な治療期間は4ヶ月から半年です。しかし、インプラントの本数や骨を増やす処置の有無によっても異なり、1年以上かけて治療する場合もあります。

|治療が適応できない場合もある
骨の量が不足している、あるいは薄い方、糖尿病などの全身疾患がある方や骨粗しょう症の薬を服用している方は、インプラント手術ができない場合もあります。


トップへ » 診療科目 » インプラント » インプラントにおける最大のメリットは、「天然歯に近い噛み心地」


PAGE TOP