トップへ » 診療科目 » 小児歯科

恐怖心を与えない環境づくり

恐怖心を与えない環境つくり

お子さまの心は、大人が思っている以上に繊細です。特に診察室で目にするもの、耳に入る音すべてが恐怖の対象になります。ドクターが着ている白衣やキーンと響く機械音を聞いただけで怖がってしまい、お口の中を見せてくれないお子さまも少なくありません。

当院は、お子さまが怖がらない歯医者さんを目指しています。スタッフ一同、お子さまに恐怖心を与えないよう、細心の注意を払っています。

一人でも通院できるお子さまが増えています。
当院では、すべてのお子さまが安心して治療を受けられるよう、恐怖心が強い子の場合は保護者の方にも一緒に診療室に入っていただいています。

また、嫌がるお子さまに、いきなり治療を始めることはありません。まずは、治療の雰囲気に慣れてもらうために、お口を開ける練習からスタートします。

スタッフ(場合によっては、保護者の方も)が見守りながら治療を進めていきますので、診察室を出る時には、笑顔になっているお子さまがほとんどです。お子さまが一人でも通院できるようになることを目標に、一緒にがんばりましょう。

患者さまのご協力もあり、お一人で来院されるお子さまが増えております。これからも、お子さま一人でも通院できる院内環境を整えていきますので、安心してお任せください。

赤ちゃんは、お母さんに抱っこしてもらいながら治療をします
まだ一人では椅子に座れない赤ちゃんは、保護者が抱っこして治療を進めます。

母親の腕に抱かれていると赤ちゃんは安心でき、泣いたりぐずったりすることがほとんどありません。ご家族のご協力のもと、大切なお子さまの歯をむし歯から守りましょう。


予防することが、いちばんの治療です

予防することが、いちばんの治療ですお子さまの歯をむし歯から守るには、毎日の歯磨きが欠かせません。とはいえ、正しいブラッシング方法を身に付けている人は大人でも少なく、お子さまとなると、一層難しい作業とも言えます。

歯ブラシの握り方や当てる角度、力の入れ方、汚れが残りやすい部分の磨き方など、ちょっとしたコツを知るだけで、歯磨き上手なお子さまに変身できます。お子さまに楽しんでもらえるよう指導しておりますので、お気軽にご来院ください。

定期検診にぜひお越しください
当院では、お子さまの歯を守るために、数ヶ月に一度の定期検診をご案内しています。定期検診では、お子さまの歯の生え具合や噛み合わせの確認と、歯質を強化するためにフッ素を塗ります。

歯をガリガリ削ったり、痛くしたりしませんので、継続的に定期検診を受けることで、苦手意識が克服できます。もしも、むし歯になってしまった場合でも、むし歯の治療を怖がらずに受けられるようになります。

むし歯になってから治療を受けにくるのではなく、むし歯になりにくい口内環境や生活習慣を作ることを当院では推奨しております。

【半年に一度の定期健診】乳歯が生えだしたお子さまに半年の一度の定期健診
お子さまのお口の中の環境は、日々、成長とともに、変化しています。特に、乳歯が生え始めるころは、一生の健康を左右する時期と言われるだけに、定期検診が欠かせません。

当院では、歯が丈夫で健康なお子さまに育てるために、半年に一度の定期検診をおすすめしています。お子さまのお口の中を定期的に観察することで、むし歯や不正咬合(噛み合わせの不具合)などの早期発見・早期治療へとつながります。

ぜひ、一緒に大切なお子さまの歯の健康を守っていきましょう。

小児歯科の治療内容

正しい歯磨き法を身につける【ブラッシング指導】小児歯科の治療内容
むし歯予防の第一歩は、毎日の歯磨き習慣から始まります。お子さまが一人で歯みがきができるようになりましたら、当院のブラッシング指導で、正しい歯の磨き方を身につけていただきたいと願っております。

ブラッシング指導では磨き残しを確認し、お子さまの手を取りながら歯ブラシの動かし方をやさしく丁寧に説明いたします。ぜひ、ご家族でご参加ください。

フッ素塗布歯を強くする【フッ素塗布】

フッ素塗布歯を強くする【フッ素塗布】フッ素には、歯の再石灰化を促して歯質を強化し、むし歯の進行を抑えてくれる効果があります。フッ素入り歯磨き剤などが市販されていますが、中でも最も効果が高いとされているのが、歯科医院で行うフッ素塗布です。

フッ素の持続効果は3~4ヶ月程度ですので、むし歯予防効果をより高めるためにも、3~4ヶ月に一度のフッ素塗布をおすすめしています。

奥歯をむし歯から守る【シーラント】
奥歯をむし歯から守る【シーラント】お子さまの歯はとても柔らかくてデリケート。意識して歯ブラシをしていても奥歯まで磨けていないことが多々あるため、むし歯のリスクも高まります。特に生え始めたばかり歯には注意が必要です。

当院では、お子さまの奥歯を虫歯から防ぐために、「シーラント」と呼ばれる白いプラスチックで奥歯の溝を保護する治療を行っています。


トップへ » 診療科目 » 小児歯科


PAGE TOP