トップへ » 診療科目 » 入れ歯(審美機能義歯)

残っている歯を大切にする入れ歯哲学

残っている歯を大切にする入れ歯哲学

入れ歯が必要になった時、あなたはどんな入れ歯を作りたいですか?噛み心地のいい入れ歯ですか?しっかりと安定する入れ歯ですか?それとも、食べ物の味を損なわない入れ歯ですか?

恐らく、求めることは、お一人おひとり異なるのではないのでしょうか。

当院が大切にしているのは、患者さまの健康をサポートする入れ歯作りです。患者さまのお口の中の状態を確認しながら、しっかり噛めて残存歯に負担がかからない入れ歯をお作りいたします。

今ある歯を傷めない入れ歯を考えます
当院では、残っている歯をできるだけ長持ちさせる入れ歯作りを心がけています。お口の中を総合的に診断し、必要に応じた処置を行います。また、入れ歯を作るタイミングかどうかの見極めも重要です。時には他の治療法をご提案することもあります。健康な歯を1本でも多く残す努力をいたしますので、入れ歯でお困りの方は、一度、ご相談ください。

当院の"よく噛める"入れ歯つくりの秘訣入れ歯
噛み合わせを重視しています。よく噛める入れ歯を作るコツは、患者さまのライフスタイルに合わせること。お仕事の内容や社会的な立場、あるいは、食事の好みなどによって、仕上がりが違ってきます。

たとえば、食事をする時、食べ物の熱さや冷たさが伝わる入れ歯を求めている方は、熱が伝わりやすいタイプをお作りします。また、装着感も大切な要素で、実際に装着した時に感じた違和感を確認しながら進めていきます。

充実の入れ歯メニュー

噛み合わせ、違和感を最大限に考慮
当院の入れ歯の特徴は、装着していることを忘れてしまうような、違和感の少ない入れ歯です。噛み合わせを考慮した、快適な入れ歯をご提供しています。

入れ歯の素材には様々な種類があり、患者さまのご要望や目的に合わせたご提案をしています。中でも総義歯の方には金属床義歯が最適です。また、より快適さを求めている方には、インプラント義歯やマグネット義歯をおすすめすることもあります。特にマグネット義歯は施術難易度が高く、扱っている歯科医師がそう多くはありません。当院の院長は高い技術力がありますので、自信を持っておすすめしています。

充実の入れ歯メニュー|金属床義歯
上あごと密着する部分が、金属でできている入れ歯です。
【特徴】
・床部分が薄いため違和感がほとんどなく、熱が伝わりやすい
・食べ物の冷たさ・温かさを感じることができる

床部分が薄く、食べ物の温度を感じることができるので、食事の際の違和感が少ない入れ歯です。

充実の入れ歯メニュー|ノンクラスプ義歯
金属のバネで支える入れ歯とは異なり、歯肉と同じ色の樹脂で支えるのがノンクラスプ義歯です。
【特徴】
・外からバネが見えないため、入れ歯と気づかれにくい
・樹脂が柔らかく軽いので、装着時の違和感が少ない
・歯の根元で支えるので歯の負担が少ない

装着時の違和感が少なく、また見た目が目立ちにくいのが特徴の義歯です。

充実の入れ歯メニュー|インプラント義歯
あごの骨に小さな金具(ミニ・インプラント)を埋め込んで土台を作り、その上に入れ歯を装着する入れ歯です。
【特徴】
・現在もっとも固定性に優れ、しっかり噛める
・手術が必要

現在の治療において、非常に安定性の高い入れ歯です。入れ歯のガタつきがありませんので、装着時の痛みが軽減されます。なお、インプラント体を移植する手術が必要です。

保険から自費まで、幅広く取り扱っています
入れ歯には、様々な種類があります。当院では保険が適用できる入れ歯から、自費でお作りする入れ歯まで、幅広くお取り扱いしています。

まずは保険から

まずは保険からインプラントが普及してきましたが、まだまだ不安を感じている方が少なくありません。そうした方の多くは、入れ歯を希望されます。

初めて入れ歯をお作りする方には、まずは入れ歯に慣れるために、保険でお作りできる入れ歯をおすすめしています。中には、保険の入れ歯というだけで、不安を持たれる方もいるでしょう。でも、ご安心ください。当院では噛み心地を重視していますので、しっかりした入れ歯をお作りしています。さらにグレードアップを望む方には、保険の入れ歯に慣れてから、自費でお作りすることをおすすめしています。


トップへ » 診療科目 » 入れ歯(審美機能義歯)


PAGE TOP