トップへ » 診療科目 » 入れ歯(審美機能義歯) » 残っている歯を大切にする入れ歯哲学

残っている歯を大切にする入れ歯哲学

残っている歯を大切にする入れ歯哲学

入れ歯が必要になった時、あなたはどんな入れ歯を作りたいですか?噛み心地のいい入れ歯ですか?しっかりと安定する入れ歯ですか?それとも、食べ物の味を損なわない入れ歯ですか?

恐らく、求めることは、お一人おひとり異なるのではないのでしょうか。

当院が大切にしているのは、患者さまの健康をサポートする入れ歯作りです。患者さまのお口の中の状態を確認しながら、しっかり噛めて残存歯に負担がかからない入れ歯をお作りいたします。

今ある歯を傷めない入れ歯を考えます
当院では、残っている歯をできるだけ長持ちさせる入れ歯作りを心がけています。お口の中を総合的に診断し、必要に応じた処置を行います。また、入れ歯を作るタイミングかどうかの見極めも重要です。時には他の治療法をご提案することもあります。健康な歯を1本でも多く残す努力をいたしますので、入れ歯でお困りの方は、一度、ご相談ください。

当院の"よく噛める"入れ歯つくりの秘訣入れ歯
噛み合わせを重視しています。よく噛める入れ歯を作るコツは、患者さまのライフスタイルに合わせること。お仕事の内容や社会的な立場、あるいは、食事の好みなどによって、仕上がりが違ってきます。

たとえば、食事をする時、食べ物の熱さや冷たさが伝わる入れ歯を求めている方は、熱が伝わりやすいタイプをお作りします。また、装着感も大切な要素で、実際に装着した時に感じた違和感を確認しながら進めていきます。


トップへ » 診療科目 » 入れ歯(審美機能義歯) » 残っている歯を大切にする入れ歯哲学


PAGE TOP