トップへ » 診療科目 » ホワイトニング » ホワイトニングのよくある質問

ホワイトニングのよくある質問

Q.ホワイトニングは誰でもできますか?
A.基本的には、どなたにも治療をお受けいただけます。ただし、エナメル質や象牙質に形成不全があり、それによる変色のある方の場合には、十分な効果が得られないケースもあります。また、歯にヒビが入っている方や知覚過敏のある方の場合には、薬剤がしみることによる不快感が強くなる可能性があり、あまりおすすめしていません。

Q.ホワイトニングは安全ですか?
A.歯に対する悪影響はまったくありません。薬剤の刺激により、歯がしみやすくなるケースも見られますが、当院ではアメリカで数十年に渡り臨床結果がある薬剤を使用しており、研究でもその安全性が保証されています。ホワイトニング剤の主成分は、過酸化水素または過酸化尿素であり、米国食品医薬品局でも成分の安全性を保証しています。

Q.どれくらいの期間、白さを維持できますか?
A.後戻り(リバウンド)があるとはいっても、それは、治療で得られた白さが多少後退するという意味であり、ホワイトニング治療をする前の色にまで戻ってしまうことはありません。また、専用の歯磨き粉をお使いいただけば、後戻りを防ぎながら数年間は効果を持続させることが可能です。

ただし、着色性の強い食品を摂取することなどによって再び着色してしまうことはありますので、3~6ヶ月に一度、定期的に歯のクリーニングを受けることをお奨めします。

Q.痛くはないのですか?
A.オフィスホワイトニングの場合は、最新の器材と方法で治療しますので、痛みが出ることはありません。お家で行うホームホワイトニングの場合も、まれに知覚過敏(歯がしみるような症状)が起きるケースがあるものの、使用を一時中断することにより、症状は軽減または消失します。また、人によっては、治療後に軽い違和感を感じるケースがあるようですが、こちらも短時間で緩和します。


トップへ » 診療科目 » ホワイトニング » ホワイトニングのよくある質問


PAGE TOP