トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 恐怖心を与えない環境づくり

恐怖心を与えない環境づくり

恐怖心を与えない環境つくり

お子さまの心は、大人が思っている以上に繊細です。特に診察室で目にするもの、耳に入る音すべてが恐怖の対象になります。ドクターが着ている白衣やキーンと響く機械音を聞いただけで怖がってしまい、お口の中を見せてくれないお子さまも少なくありません。

当院は、お子さまが怖がらない歯医者さんを目指しています。スタッフ一同、お子さまに恐怖心を与えないよう、細心の注意を払っています。

一人でも通院できるお子さまが増えています。
当院では、すべてのお子さまが安心して治療を受けられるよう、恐怖心が強い子の場合は保護者の方にも一緒に診療室に入っていただいています。

また、嫌がるお子さまに、いきなり治療を始めることはありません。まずは、治療の雰囲気に慣れてもらうために、お口を開ける練習からスタートします。

スタッフ(場合によっては、保護者の方も)が見守りながら治療を進めていきますので、診察室を出る時には、笑顔になっているお子さまがほとんどです。お子さまが一人でも通院できるようになることを目標に、一緒にがんばりましょう。

患者さまのご協力もあり、お一人で来院されるお子さまが増えております。これからも、お子さま一人でも通院できる院内環境を整えていきますので、安心してお任せください。

赤ちゃんは、お母さんに抱っこしてもらいながら治療をします
まだ一人では椅子に座れない赤ちゃんは、保護者が抱っこして治療を進めます。

母親の腕に抱かれていると赤ちゃんは安心でき、泣いたりぐずったりすることがほとんどありません。ご家族のご協力のもと、大切なお子さまの歯をむし歯から守りましょう。



トップへ » 診療科目 » 小児歯科 » 恐怖心を与えない環境づくり


PAGE TOP