トップへ » 診療科目 » 予防歯科 » 大切な歯をむし歯から守る

大切な歯をむし歯から守る

大切な歯を虫歯から守る

現代の歯科治療において、予防歯科こそ重視すべきだと、当院は考えています。なぜなら、むし歯や歯周病で、歯が痛くなり歯を失ってからでは遅過ぎます。一度、悪くなった歯は、削らなければ治せません。自分自身の歯は二度と元に戻らないのです。だからこそ、予防歯科が重要なのです。

80歳までに20本の歯を残そうという運動があります。一見、難しそうに感じますが、定期的なメインテナンスを受けていれば、決して大変なことではありません。

大切な歯を守るためにも定期検診を受診して、むし歯や歯周病の早期発見・早期予防に心がけましょう。


トップへ » 診療科目 » 予防歯科 » 大切な歯をむし歯から守る


PAGE TOP