トップへ » 診療科目 » 一般歯科(無痛治療) » 痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない治療

痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない治療

痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない治療

歯の治療の痛みや歯を削る時の機械音が怖くて、「歯医者さんに行きたくない!」という方はいませんか?

ただでさえ、むし歯で痛いのに治療中も痛みがあれば、患者さまに相当なストレスがかかります。当院では、治療中の痛みを最小限に抑えるために、様々な工夫をしています。例えば、麻酔前の表面麻酔や、痛みを感じない場所に針を刺す、温めた麻酔液を使用するなど。細かな部分まで配慮していますので、痛みに敏感な方でも安心して治療を受けていただけます。

充分な説明でご納得いただくことからスタート
当院では、カウンセリングを重視した診療を心がけています。カウンセリングで治療内容の説明や患者さまのご要望をうかがい、お互いに信頼関係を築いていきながら治療を進めていきます。

治療の第一歩は、患者さまに自身のお口の中の状態をご理解いただくことだと考えます。カウンセリングでは、患者さまに口腔内写真をお見せしながら説明いたします。お口の中の状態が一目瞭然ですので、どんな治療が必要なのかをご理解、ご納得できるでしょう。

再感染を防ぐ、治療を始める前に歯のクリーニング再感染を防ぐ、治療を始める前に歯のクリーニング
ところで、歯が汚れている状態で治療をすると、再びむし歯に感染する恐れがあります。そこで、当院では、治療後も安定してきれいなお口の中が保てるよう、歯のクリーニングを行ってから、治療を始めます。

このように危険を回避することで、「最小限の治療と最大限の予防」が実現するのです。


トップへ » 診療科目 » 一般歯科(無痛治療) » 痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない治療


PAGE TOP